春が最もニキビが発生しやすく悪化しやすい理由

春が最もニキビが発生しやすく悪化しやすい理由

春といったら新しい年度の始まりであり、入学や入社など環境が変わる方が多いのが特徴です。

 

心機一転新しい生活を頑張ろうという方も多いですが、実はこの季節は1年のうちで最もニキビが発生しやすく悪化しやすいともいわれています。では、なぜ春はニキビができやすいのでしょうか?今回は春にニキビができる原因や対策をまとめましたので紹介したいと思います。

 

春にニキビが発生&悪化しやすい原因とは?

 

まずは春の季節にニキビができたり悪化する原因を取り上げてみましょう。

 

外的な刺激が増える

 

春というのは冬と異なり、ポカポカ陽気で外に出る機会が増えてくる季節でもあります。そしてニキビができる原因の一つはこの外で受ける刺激が関係しています。外で受ける刺激というのはいわゆる紫外線であったりホコリなどのことです。

 

また春特有の外的な刺激といえば多くの人が悩まされる花粉がありますね。この花粉は鼻や目だけに影響が現れると思われていますが、花粉が肌に触れることによって『花粉症皮膚炎』という肌荒れがひどくなる症状も引き起こします。そしてこれらの症状が悪化することでニキビができてしまうことになるのです。

 

ストレスの影響

 

前述のように春の季節は入学、就職など多くの方が新たな環境に身を置くことになるわけですがこれが大きなストレスとなり交感神経が活発になります。交感神経が活発になると男性ホルモンの過剰分泌が起こるなどホルモンバランスが乱れやすくなるためニキビができやすくなってしまうのです。ちなみに男性ホルモンは皮脂の分泌を促す作用もあるため、この皮脂が毛穴に詰まりニキビが発生しやすい環境を作ります。

 

春におすすめしたいニキビ対策とは?

 

春にニキビができやすい原因を解説しましたが、これらを踏まえた上で春におすすめとなるニキビ対策はやはり外から帰ってきたら肌に付着した花粉を洗い落とすことです。外出時もストールやメガネを着用して極力、花粉を肌に付着させないような対策が必要となるでしょう。

 

また環境の変化でストレスが蓄積しやすい時期ですから、休日には自分の趣味や好きなことを満喫するなどストレス解消を意識することも大切です。春にニキビが多くなるという方はぜひ参考にしてくださいね。