しわを目立たせる原因の乾燥肌を改善させる時に気を付けたい3つのこと。

しわを目立たせる原因の乾燥肌を改善させる時に気を付けたい3つのこと。

加齢だけがしわの原因ではありません。

 

しわは年齢を重ねるほど出やすいのは間違いないのですが、人によっては10代や20代でもしわが目立つ人がいることから加齢だけがしわの原因ではありません。しわができる主な原因としては加齢以外にお肌の乾燥が挙げられ、以下の3つのことに気を付けてケアをすべきです。
自分のお肌に合った保湿化粧品を使用する。

 

しわができる原因の1つとしてお肌の乾燥が挙げられます。乾燥肌を解消してくれるもので最も使用するのが保湿化粧品です。しかし保湿化粧品は現在数多くの商品が販売されていて、値段や成分を参考にして商品を選ぶという人も多いものです。ただ人によって合う保湿化粧品は違い、値段が高いからといって自分の乾燥肌を解消してくれるとは限りません。それどころかお肌の状態を悪くしてしまい、かえって乾燥肌を悪化させたということもあります。なので保湿化粧品は自分のお肌にあるものを探し、使用して効果を感じない、あるいはお肌が荒れてしまったという場合には別の商品に変えるべきなのです。

 

水分を摂るようにする。

 

人によっては喉が渇かないからという状況から自分が水分不足と感じないということで、水分をほとんど摂取しないという人がいます。しかし特に運動をしていなくても、あるいは汗をかかなくても体内の水分は自然に失われていて、しわが多い場合には体の内側が乾燥していることがよくあります。なので体の外側から保湿化粧品を使用しても乾燥肌が改善されずしわが多い状態になっている場合には、喉の渇きを感じていなくても水分摂取をすることで解決できることがあります。

 

湿度に気を付けるようにする。

 

きちんと保湿化粧品を使用していても、あるいは水分をこまめに摂取していても何となくお肌が乾燥してしわが目立っていると感じる場合には、湿度の影響を受けている場合があります。冬は乾燥しやすいので当然ながら湿度が低くお肌が乾燥しやすい状況にありますし、夏場は一般的には湿度が高いもののエアコンの使用で室内は乾燥することも多いです。室内では加湿器を使用して湿度を50%前後に調整し、室外では湿度の調整は難しいのでマスクを着用して乾燥した外気に顔が触れないようにして対処すべきです。