大人ニキビはストレスがたまるとできやすい

大人ニキビはストレスがたまるとできやすい

ストレスは家庭環境や仕事、近所付き合い、環境など様々な原因でたまっていきます。

 

 

ストレスがたまっていることには、なかなか気が付きません。しかし、ストレスがたまると皮脂分泌が増えます。知らず知らずのうちに、皮脂分泌が増えているのです。

 

皮脂分泌が増えると、毛穴を塞いでしまいます。ニキビの原因になるため、朝なかったニキビが、夜になるとできていることも珍しくありません。肌にデコボコした盛り上がりを見つけたら、しっかりと洗顔をして、皮脂を洗い流すことが大切です。

 

 

白ニキビは洗顔で治る

 

 

できたばかりの白ニキビは、洗顔をすることで翌朝にはきれいになる可能性があります。

 

 

ここで気を付けることは、洗顔料を使ってぬるま湯で優しく洗うことです。水だけでは毛穴に詰まった皮脂はなかなか落ちません。高温のお湯を使うと、必要な皮脂まで溶け出して落ちてしまいます。洗顔後に、乾燥して肌が突っ張り、ニキビに逆効果になります。水で洗うのは、洗顔料や皮脂の洗い残しを防ぐためです。ゴシゴシ洗ってしまうと、皮脂が取れすぎるので優しく洗うことが大切です。

 

 

ストレスによる皮脂分泌は口周りが多くなる

 

 

ストレスがたまると、特に口周りの皮脂分泌が多くなります。仕事が忙しかったり悩みがあるときなど、疲れがたまっていることが感じられるときには、口周りを丁寧に洗顔することでニキビ予防ができます。洗顔後に、顔がぬるぬるしていないか確かめることで、皮脂分泌が増えていることに気が付きます。落ちにくい時には、いつもよりも強めに洗顔するときれいになります。

 

 

ストレスをためないように心がける

 

 

ストレスをためないということは、ニキビ予防にもつながります。軽い運動をしたり、睡眠時間を増やしたり、のんびりお風呂に使ったりと、体を休めます。睡眠時間は美容に大切です。寝ている間に、肌のターンオーバーが行われるからです。肌は生きています。新しい細胞に生まれ変わって、きれいな肌を維持することが、ニキビを治すためのコツです。