ちょっとした心がけが肌を変える、マメマメスキンケア

ちょっとした心がけが肌を変える、マメマメスキンケア

ちょっとした心がけで肌は変わります。

 

スキンケアはマメにマメにしていくことが大切です。

 

「私は毎日化粧水をしっかり付けているから大丈夫」と思っている人も多いかと思いますが、実は本当に効果的な付け方ができているでしょうか?ここでは、化粧水の効果をアップさせる正しい付け方・使い方についてご紹介します。まず、特に夏など暑い季節に化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしている…という人は多いと思いますが、これはNGです。

 

 

確かにひんやりとして気持ちよいかもしれませんが、化粧水が冷たいと毛穴が閉じてしまうので、せっかくの化粧水の美容成分もお肌に浸透しないのです。また、化粧水を冷蔵庫に入れておくと長持ちしそうな気がしますが、実際はそういうことはありません。逆に使用時は取り出し、また冷蔵庫に戻す…という温度変化の繰り返しで劣化が早まってしまう危険性すらあるのです!ですので、化粧水は「常温保存」が基本。室内の直射日光が当たらない、涼しい場所に保管するようにしましょう。また、化粧水をつけるときにパッティングをするようにパンパンと叩きながらつけるのも実は良くありません。

 

 

もし手でつけるのであれば、まず化粧水を一度手にとり、少し温めてからお肌に優しく押し込むようなイメージで下から上へとつけていきます。そうすることでより化粧水がお肌に浸透しやすくなります。パンパンと叩くと浸透しませんし、叩きすぎはお肌に刺激になってしまいます。ちなみに化粧水をつけるときはコットンと手どちらが良いのか迷ってしまいますが、結論から言うと、どちらにもそれぞれのメリットがあります。

 

 

コットンだと手でつけるのに比べてお肌に均等につけることができる、手の雑菌がつかないなどのメリットがありますし、一方手でつけると化粧水やお肌が温まり浸透しやすくなりますし、直接自分のお肌を触るので常に肌の状態がわかるようになります。いずれにしても強く叩いたりこすったりするような付け方はNGです。あくまで優しくお肌にゆっくり浸透させるイメージでつけるようにしましょう。

 

 

乾燥肌の保湿力を高めるのにおすすめの方法

 

乾燥肌に悩まされている場合、朝晩のスキンケアに加えて、日常の生活シーンに工夫をすることでも肌質を改善できます。

 

 

スキンケアでは、化粧水にプレ化粧水をプラスすると、水分をしっかり補えるので、プレ化粧水を取り入れてみましょう。プレ化粧水として人気を集めているのが、ミストタイプの温泉水です。日本各地の名湯の温泉ミストが販売されていますよ。刺激が優しいので、敏感肌の人でも安心して使えます。さっとひと吹きスプレーするだけで良く、難しい手間もかかりません。

 

 

美容液の成分をしっかり浸透させて、肌の潤いをアップさせたい時には、シートマスクがおすすめです。洗顔後すぐの清潔な肌にフェイスマスクをぴったり貼って、しばらく待っているだけでお手入れができます。乾燥肌の改善を目的にするなら、数あるシートマスクのなかでも、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分が豊富に配合された商品を選ぶようにしましょう。

 

 

有名ブランドの商品をスペシャルケアに使うのも良いですし、ドラッグストアなどでは毎日でも使えるプチプラのシートマスクも購入できますよ。日常の生活シーンで肌の乾燥を防ぐには、加湿器を活用して、部屋の湿度を適正に保つことが大切です。加湿器には、部屋全体を加湿できる大きなサイズの物から、卓上に置いて使える小型のパーソナル加湿器まで、幅広い商品が揃っています。オフィスで使うなら、USB電源に差し込んで使えるパーソナル加湿器が便利です。加湿しながら、アロマの優しい香りを楽しめる加湿器は、自宅での癒しのひとときに取り入れたいおすすめアイテムです。

 

 

外出先で肌の乾燥が気になることがある場合には、化粧ポーチにミストローションを入れておきましょう。化粧直しの際に、スプレーする習慣を付けるだけでも、肌の乾燥状態を改善することができます。ジル・スチュアートのフルーツ&アロマミストは、保湿力を高めるだけでなく、気になるテカリを抑える効果もあり、おしゃれ女子の化粧直しに役立つアイテムとして、人気を呼んでいます。

 

 

https://xn--l8j0dqa6jla.com/